2020-12-06から1日間の記事一覧

トランスアライは気にいらない相手に対し「差別」やら「TERF」と言えば自分は “正義の側” にいると勘違いしているようだけど、性的暴行を連想させる発言で女性を脅したり、人を人とも思わず『モノ』のように扱い「こわしちゃった。」と仲間内でゲラゲラ笑っ…

「ジェンダー平等」といっても、真面目に考えている人は「解体」に結構近い考え(だからこそあと一歩感・残念感が強い)を持っているけど「平等」側に立って自分たちの独断と偏見でゴリ押しする勢力がここを分断しているんだよね。結果として「ジェンダー平…

→発言できるそういう上位女性たちは、貧困ではない。だから誰も指摘しない。貧困ではないからだ。貧困で苦しんでいる層は発言権がないんだよ。フェミニズムにも上流下流があって、発言権があるのは上流フェミニスト達。下流にいる野良フェミニストは叫んでも…

「宅八郎はオタクではなかった」からの、一周回って「やはりオタクだった」説。問題は世代が違うとオタク観も違ってくる。

ここからのツリー宅八郎氏に関して「オタクではなかった」「ビジネスオタク」という説を語る人がいますが、宅さんはキャラとしてのオタクをカリカライズ(キャラ化)したけれど、本質としてのオタク性は昔から持っていた人でしょう。(↓続 https://t.co/oieS…

草津のセクハラは許さなくて宮古島のパーントゥは許す理由を述べよ

「草津町は女性の人権も安全も保証されないエリア」と自ら全世界に宣言したわけか。こんな横暴がいつまでも通用すると思うなよ。性被害訴えた草津町議が失職 住民投票、賛成が上回る:朝日新聞デジタル https://t.co/JoJ5gkKCpO— 平沼センジ☭REDs (@senji11)…

前期・中期・後期もそれぞれさらに前期と後期に細分化できる

https://anond.hatelabo.jp/20201204141322 前期はさらに、不気味なオタクキャラだった前期前期と、バラエティ番組とかでちょっと可愛いキャラになった後期前期に分かれるし、 (ただしこの時点で既にプレイボーイ小峯に復讐したりしてたから前期中期後期にカ…

日本においてオウムは「弾圧」などされていないが?

『全共闘以後』でも日本における反テロ戦争勃発(オウム弾圧)に際しての最良最大の反戦の闘士と絶賛した宅八郎氏が亡くなったそうだ。いつか復活してほしい、可能な限りお力添えもしたいと、偶然にも京都に向けて車を走らせながら妄想を膨らませていたとこ…

宅さんとはこの対談もそうですが、雑誌のグラビアプロデュースなど、ご一緒させてもらう機会が多かったです。頭が良くて、お洒落な方でした。大人になった今、お話ししてみたかったな。 https://t.co/n35j9m1GnR— 主題歌映画『魔女見習いをさがして』公開中…

昔からリベラル左派は男尊女卑だったが、この「トランスジェンダリズム」なるものが入ってきて、おおっぴらに、左派たちは『女性を差別しながら反差別を謳えるようになった』。左派にとっては、「トランスジェンダリズム」とは、この上ない「ごちそう」でし…

こういう90年代サブカルのサムいノリを否定し断罪する事からしか始まらないんだよな

週刊SPA連載・宅八郎「イカす!おたく天国」(1990~1991年)より。香山リカVS宅八郎サイコ対談、アイドル宍戸留美さんにグラビア撮影で特撮ヒーローの様に演技指導する宅八郎、桝添要一をコミケ38で案内、戸塚ヨットスクール校長と対談、「森高千里は怪獣だ…

ミソジニストは「トランス女性は女性です」に大歓迎。「「トランス女性は女性です」が目標とする地点は、女性(female=生物学的女性)という概念を消滅させること、性差別・性暴力について語ったり、分析したり、抗議したりする女性を黙らせることだと考え…

宅八郎とはmixiで会話した事がある

宅八郎はオウム擁護(擁護はしてないと言うだろうが俺はオウムに対しては「絶対に許さない」以外のいっさいのスタンスは全て「擁護」と見なす)したのは絶対に許さないのだが 敵(しかもたいていオラオラ系のマッチョな偽善者リベサヨだったのも共感のポイント)…