宅八郎とはmixiで会話した事がある

宅八郎はオウム擁護(擁護はしてないと言うだろうが俺はオウムに対しては「絶対に許さない」以外のいっさいのスタンスは全て「擁護」と見なす)したのは絶対に許さないのだが
敵(しかもたいていオラオラ系のマッチョな偽善者リベサヨだったのも共感のポイント) に対して容赦しない所はリスペクトしていた。
つまり激しく巨大な振り幅で賛否両論なのだ自分の中で。

mixiの全盛期には宅八郎は既に一般的には過去の人扱いだったけど本人はまだまだ元気で、相変わらずいろんな敵と戦ってた。
彼をバカにした人物を90年代の頃と同じ勢いで追いかけ回して「判決は…死刑だ!」とかやってたら通報されて凍結されそうになったらしく、mixiにはもっとひどい事を言ってる奴らがいっぱいいるのにそいつらは野放しで自分だけ凍結されるのは不当だと激憤し、mixiでひどい発言してる奴らの情報収集を呼びかけていた。
そこで俺は、その当時敵対していた障害者差別集団の事を宅八郎に話した。
あいつらだけは絶対に、ただし合法的に潰したかったので、正直言って宅八郎を「利用」しようとしていた面は否めない。
オウムの時代からまだ10年くらいしか経ってなくて、あのときなんでオウムなんか擁護するんだとムカついてたの生々しく覚えてたからな。
だけどオウム擁護以外ではだいたい正論しか言わないんだよ宅八郎って。
ド素人の俺に対してかなりジェントルマンな対応をしてくれた。
よくキモヲタのイメージも過激なストーカーのイメージもみんな演技で実は繊細な人なんだとか言われてるけどだいたいそんな感じだった。
自慢にならんけど宅八郎の側からマイミク申請が来たんだよ。
俺はかなりビビッて丁重にお断りしたんだが、べつに怒りもせずジェントルマンな諦め方をしてくれた。
どう断ってどう諦めたかはよく覚えてないけど、当時の俺は今と同じで、人がつるむのは必ずモメる元なんでネット上でも付き合う相手を徹底的に絞っていた。
自分なりに明確な意思と論理あっての方針なのでそれをそのまま丁寧に説明したんだな。
宅八郎もけっして「有名人の俺様の申請を素人の分際風情が断るとは生意気な」なんて事は言わないし、いかにもそういう事を言いそうな奴らだけを攻撃してたわけだからな彼は。
そういう意味でもオウム騒ぎのとき切通理作をイジメたのだけはやはり今でも納得いかない。
いつもの宅八郎のターゲットとはあきらかにタイプが違ってたし、理作がサブカル文化人全員から総攻撃された理由は「オウムを擁護しなかったから」以外に考えられない。
あの当時はオウムが踏み絵であり、サブカル人ならオウムを擁護しなければならず、オウムを少しでも悪く言ったら業界全体から壮絶なイジメをされたのだ。
今のTwitterでいうトランスジェンダリズムみたいなポジションだったのが当時のオウム。
今トランス過激派を批判するとTwitterのリベサヨ全員から総攻撃されるので、中にはやむを得ずネトウヨ界隈と接近する者もいる。
あのとき小林よしのり切通理作がウヨ化したのも、これと全く同じ構造なのだよ。
孤立したからってよりによってウヨに近づく方も悪いか知らんが、才能あって思想もかなりラジカルなリベサヨだった人をちょっと意見がサヨの主流派と違うからって集団で叩きまくって追い詰めてウヨ方面に追放するとかいう同じ愚行を繰り返してるよな、オウムの時とトランスの今と。リベサヨは。

途中から宅八郎と全く関係ない流れになってきたから話を戻すか。

その、mixi宅八郎とちょっと交流があった頃、宅八郎がちょこちょこ俺の日記を見に来てくれて(mixiには足跡とかいういらぬ機能があるから誰が見てるかすぐわかる)
まぁそれがマイミク断った理由でもあるわな、何かの拍子にオウムの話が出たら俺は絶対必ず興奮してあの頃オウムを擁護したサブカルリベサヨを罵りまくらずにいられないから。
今は良好な関係でもいずれ必ず敵対せざるをえない運命にある相手だって考えると本当に胃が痛くなる。
そんで、俺がいつものごとく2ちゃんねるのコピペとか引用しまくって、何の話だったかな
モテないキモヲタが電車の中でイチャついてるカップルを見て「正直勃起したね」とか言うやつ
カップルの男が女の乳首かなんかいじってるの見て「俺みたいな非モテが同じ事するには風俗で大金払わなきゃならないのに」となかんとか言ってるやつ
今それ探そうとして結局見つからなかったんだけど検索履歴に「2ちゃんねる コピペ 乳首 勃起したね」とか残るのキモいしヤバい。
これの、覚えてないけど文章の表現が秀逸かつキモくて凄いんだけど、それを宅八郎がめっちゃ褒めてたのね。
プロのライターである宅八郎が褒めるくらいだから2ちゃんねるのコピペは最初に書いた人はみんなほんと天才なんだけど
なんだかそれ、俺が書いたオリジナル文章だと勘違いされてたのかなってずっと気になったまんまなんだよ。
「いやこれコピペなんですよ」って俺そのとき言った気がするけど。
あと時期的にその頃もう宅八郎はホストとかやってたのかな、だとすると非モテのことをどう思ってたのかな。
全て永遠の謎になってしまった。