ウンコーネリアスの思い出


フリッパーズギターは当時めっちゃ好きだったし今でも曲はみんな好きなンだわ。
でも、どんなに好きでも、それが障害者にウンコ食わせてプロレス技かけて虐待したのをヘラヘラ笑って自慢するような人格的にヤバい奴と、後に反米独裁者チャベスを絶賛するようになる政治的にヤバい奴が作った音楽なんだという事実からは逃げちゃダメなンだわ。
だからといっていっさい聞かないとか、聞いちゃダメとか、聞くという事はすなわち障害者虐待に間接的に加担したり反米極左思想に賛同したりした事になるとか、そんな事も、無いンだわ。
べつに好きなら聞きゃいいし、聞いたら悪いとは言わないし、ただ、言ってない事を勝手に言ったと決めつけてキレないでほしいンだわ。
世の中には自分が好きなものに関してちょっとでもネガティブなこと言われるとそれを好きな自分の全人格を否定されたと受け取って異常な勢いでブチキレまくる奴がいてそういう奴らが世の中の9割以上なンだわ。
俺はべつに、フリッパーズギターの片割れが昔クソだったりもう片割れが後に変な思想になったりしたからといって、フリッパーズギターが好きだった頃の自分のその時の好きだという気持ちが否定されたとかされないとかそんなの全然無いんだが、世の中の大多数はむしろ「そんなの全然無い」という感覚こそが理解不能らしいンだわ。
そんなの全然ある世間の皆様はそれを好きな自分を肯定したいゆえにそれのネガティブな面をムキになって無かった事にするのは無理だと見るや次はムキになって正当化すンだわ。
「作品と作者の人格は別である」とか「才能がある人はブッ飛んでて当たり前。ミュージシャンに良識人である事を求める風潮はおかしい」とか言い出して。
弱い者イジメはべつにブッ飛んでもいない凡庸な悪だから許せねえのだが。

あとフリッパーズギターは音楽の作り方そのものも、当時としては称賛されたが今なら許されないやりかたしてたと思う。
パ○リ上等みたいな所があったんだよな。
彼らだけじゃなく90年代はサンプリング(今の日本語ラップ界隈でいうサンプリングとは意味が若干違う)とか流行っててパクリ上等な空気が世の中全体に漂ってたんだよ。
今では少しでも似てたらネットに比較動画が晒されて即アウト。
比較動画作ってアップするほうも著作権的にどうなんだ?と思うけど。
両極端なんだよな。
モロにパクるのはマズイけど似てて当たり前のものをパクリ言われたらあらゆる創作が成り立たなくなるだろ。
昨日今日とアイマス界隈がパクリ疑惑でお祭り騒ぎなんだけど、あのレベルでパクリとか言われたら何も作れなくなるし、
「○○風の曲を作ってほしい」みたいなリクエストやら、作曲者自身が元ネタへのリスペクトやらで、「あえて何かに似せて作る」ってのも本来全然「あり」なんだけどな。
俺もよくいろんな曲を「これに似てないか?」と晒したりするけど、あれは「パクリだ!」と糾弾したいわけじゃなく、好きな曲に似てる曲があると嬉しくてつい聞き比べたくなるだけなのだが?
まぁサブカルジジイあるあるの老害知識マウンティングな面も否めないが。
いつも言うけど奥田民生のイージューライダーがウィングスのゲッティンクローサーに似てるの気づいた時は、ビートルズネタはよくあるけど、よくぞそういう所から引っ張ってきたもんだと感動したのだが。
もっと有名な曲ならともかく、その曲に注目するとはマジのガチでビートルズ好きなんだろうなって。
これもサブカルジジイあるあるの老害マウンティングか。

オレンジレンジってのがいたでしょ。
それ自体もう20年位前なんだが、やはりパクリ上等的な事やってて、しかし、許されなかった。
その頃になるともうネットが世の中に定着して、ちょうど出来たばかりでイキリ散らしてた2ちゃんねるの全盛期と重なったのが不運だったのもあるかもしれない。
もちろん俺はあいつら嫌いだったけど、フリッパーズギターは許されてオレンジレンジは許されないってのも理不尽だなと思った。
本当にネットの普及のせいだけなのか?
フリッパーズギターは東京の上級お坊っちゃんだから許されて、オレンジレンジは沖縄のヤンキーだったから許されなかったって事はないのか?
カースト差別と地方差別。