俺の直観は必ず当たるし、俺には人を見る目がある。

ツイッター見てるとたびたび、少年マガジンの人気漫画だった「七つの大罪」が、主人公がセクハラしたりとかで酷かったという話が流れてくる。
それ見るたび、やはり俺の直観は鋭いと自慢したくなる。
俺はその漫画をいっさい読んだ事がない。
連載始まった時だったか、ページ丸々主人公(興味無いから名前すら知らん)のニヤケたツラのドアップの絵を見て、そのツラがなんとなく不快だったから読む気が起きなかった。
周りで「面白いぞ」と薦めてくる奴もいたが無視した。
後になってセクハラとかが酷いとの評判を聞いて、まぁそうだろうな、直観で本能的に不快な絵柄だったもんな、とすぐ納得した。
「批判するならちゃんと中身を読んでからにしろ。読みもしないで勝手にダメだと決めつけるのは偏見だ。」とか言うんだろうけど、むしろ読まなきゃ良いか悪いか判断できないってどんだけ無能なんだよ。
一目見て憎めよ。
主人公の顔のちょっとした表情とかそういう細かい情報だけで瞬時に「あ、この漫画は主人公がセクハラしたりするクソ漫画だな」と見抜けよ。
いっさい読む必要はない。
1ページでも読んでしまった時点でセクハラを見抜けなかった、すなわち悪を悪と認識できない、セクハラ加害者のメンタルであると証明される。

理屈じゃないんだよ。
「センス」なんだよ。

そいつが何をしたとか何を言ってるかとかではない。
口では良い事を言っていても、なんとなくしぐさとか表情とかの癖に不快感を嗅ぎとったら、そいつの本性はクサレ外道だと見抜けるようじゃなければならない。

顔の見えないネットではちょっとした言葉のチョイスでだいたいわかる。
ネトウヨ的な話はいっさいしていなくても、ネットスラングの使い方とか、
なんでもない日常的な話をしててもその話の展開のしかたひとつで、
「あ、こいつはそのうち韓国がどうちゃらとか言い出すな」と見抜ける。
そして案の定韓国がどうちゃらとか言い出す。
こういう直観が外れた事は一度も無いんだよ。

修行が足りなかった頃は一発では見抜けず最初はマトモだと思ってた人に少しずつ違和感が出てきて後から「なるほどな」と思ったりする。
例えば最初に見た時は自身の性犯罪被害から痛烈なロリペド批判とかしててマトモだと思ってたんだけど
冷笑ネトウヨみたいなゴミクズと仲良くつるんでたりとかしておかしいなと思ったら急に橋下のツイートをリツイートしだしたりして熱狂的な維新支持者だとわかって絶縁した奴とかもいる。
20年近く前の話だがな。

こういう「直観で見抜かなきゃならない」「なんとなく不快な感じの奴は間違いなく悪い奴」という宇宙の真実を話すとリベサヨから「そういうのが差別の元だ!偏見だ!」とドヅメされるのだが
それも一理あるかもしれんけどここまで話したとおりこの直観でだいたいネトウヨとかレイシストを見抜いているわけだが?

まぁ確かに、俺みたいに人を見る目のある奴の直観だから当たってるだけで、人を見る目が無い奴の直観はただの偏見でしかない場合が多いだろうな。

すなわち、お前らみんな俺を信じろ。