ツッコミどころだらけなんだが

https://toyokeizai.net/articles/-/411370?display=b

もうブチギレた。
我慢ならない。



>植松聖への判決が迫る中、改めて資料を読み込んで気づいたのが、彼の精神状態を正面から問題視する議論がほぼ皆無なことでした。卑劣、邪悪、冷酷などステレオタイプな語彙で悪のアイコンが造形され、罰せられて当然という空気が固まった中で裁判は進行した。


植松のやった事が邪悪でも冷酷でも無いと思ってんのか?
罰せられて当然じゃないっていうなら、これから日本中の知的障害者とその家族はどうなるんだよ?
植松の思想に裁判所がお墨付き与えたら、いつどんな目にあうか常に恐怖に曝されるんだぞ、社会的弱者が。
ナチスが最初に虐殺したのは知的障害者だった。
植松を死刑にしなければ日本はこれから第2のナチスまっしぐらだ。

そもそも精神状態がおかしかったら罪が許されるとかいう法律の方が間違っている。
むしろ平常心で殺人とかできる奴のほうが異常な人格だろうが。
普通はやらない殺人とかの犯罪をやってる時点でみんな多少は精神おかしいだろ。
犯罪者全員無罪になるだろこれじゃ。


>彼の理屈では、心神喪失とは「心がない」状態の人たちで、それを理由に自分は手を下したのに、その自分が心神喪失では筋が通らない、と反駁(はんばく)したんです。

そりゃそうだろ。
植松は「知的障害者は心が無いから○してもいい」という思想なんだから、自分もそうだと言われたら反射的に「こりゃやばい死刑にされる」と考えるだろう?本人の思想からして。
弁護側が植松を死刑にさせないために必死で「心神喪失だった!心神喪失だった!」と主張すればするほど植松自身は「こいつら俺を死刑にしたいのかー!」と思い込むんじゃないのか?

>自分はUFOを2回見たとか支離滅裂で、「作戦実行」の見返りとして逮捕後の監禁は最長2年で無罪放免、新しい名前と本籍、美容整形して社会復帰、金銭支援5億円の確約などを求めている。この時点ですでに常軌を逸しています。
>公判初日にはいきなり「謝罪します」と叫び、小指をかみ切ろうとして制止された。そして翌早朝、独房内でかみちぎった

と言ってすぐ逆の感想だけど、このへん見ると逆に「心神喪失なら罪には問われない」と知ってて心神喪失に見える演技をしてた可能性も出てくるわ。


>精神錯乱を装うパフォーマンスと解釈する人は少なくなかったけど、監視カメラから隠れて短時間で、関節までゴリゴリかみ砕くことがパフォーマンスでできるだろうか。少なくとも僕にはできない。


この「少なくとも僕にはできない」でブチキレたんだよ俺は!
ブチキレすぎて思わず自分の指を噛みちぎりそうになったわ!

既に普通の人間にはできない大量殺人という行為をしでかした奴が「少なくとも僕にはできない」とか言う凡人と同じ思考回路しかないとなぜ思うんだい?
なんで「自分」を基準にするんだよ。
自分ならこうはしない、自分だったらそうは考えない。
いや、そいつはあなたとは別の個人なのだが?
しかも、この人が擁護するのは、凶悪犯罪者だったり、カルト信者だったりと、一般人とは異なる感性の人々がやった事を、「普通ならやらない」とかいって、さらに自分を「普通」の基準にして。
実際世の中たいていの人間はそんなもんだけど、なんでもかんでも自分を基準にして、そして自分の基準が世の中全体の基準だと決めつけて、
自分の基準と違う人間を異常だと決めつける。
一般人ならそれでしょうがないけど、この人はそういうのを批判してる(つもりになってる)立場の人なんだよ?
オウムでもなんでも「自分と違うから、普通と違うからって、差別するな!」とか言う典型的な偽善者リベサヨなんだが、そのくせ平気でそうやって自分だけを基準にしてる。
自分や一般社会と異なる基準で生きている人間を、「擁護」しようとはするんだけど「理解」しようとはしてないのがバレたな。
もちろん「理解」と「擁護」は違うんで。
理解したうえじゃなきゃ擁護も批判もできない。
理解したうえで、許さないべき。


>そしてその大前提が、精神状態の正常異常を問わず極悪人は罰せられるべし、だった。

そうだね。
で、何か問題でも?

>正常で責任能力があるというなら、そんな普通の人がなぜあれほどの凶行に及んだのか、そのメカニズムを分析すべきです

だが、「少なくとも僕にはできない」なんて平気で言っちゃう人には、少なくともそのメカニズムは分析できない。

簡単な話だろ。
知的障害者には生きる権利がない」という思想は植松1人だけのものじゃないからだよ。
偽善者リベサヨがそういう思想も言論の自由だ多様性だと擁護したせいで、そういう思想が世の中にものすごく広まってんだよ。
植松はヒーローにでもなったつもりなんだよ。
それだけだよ。
死刑しかない。
そして第2第3の植松の発生を防ぐには、社会に蔓延してるこの「弱者死すべし」という邪悪な思想を撲滅しなければならない。
それにはまず、そういう思想を多様性だとか言論の自由とか言って擁護するリベサヨを弾圧しなければならない。


>だから、あれほどの犠牲者を出した植松の裁判も結審までたった1カ月強。それに対し「いくら何でもおかしいだろう」って声が出てこない。

犠牲者の数が多ければ多いほど罪が軽くなるべきなの?
マジで意味わからん。


>裁判全体を通して異常だと思っていても、世論の反発を恐れて報じない。法廷に市民感覚を導入するとして始まった裁判員裁判だけど、論理や理性以上に、感情が法廷を支配するようになった
>裁判官は個人の良心に従って判決を下すのが建前ですが、やっぱりヒエラルキーなんです。1回ヘマしたら出世は無理。自分の判決が世間の反感を買えばもう致命的。


一般社会の感情は「植松を死刑にしろ」より「植松を許してやれ」が圧倒的に多数派だと思うのだが?
まさか日本の社会が知的障害者などの弱者の人権を大切にする成熟した社会だなんて思ってないよな?
それとも、知的障害者よりもそれを虐殺する犯罪者のほうが命が重いとするのが民度の成熟した先進国なのだろうか?
リベサヨ的にはそうなのだろうな。