ほんとこれ



ほんとこれ



ブルカ強制の方が自由を奪っているのだが?



ブルカを着る人は「どんな格好してようが別によくない?」とは「思っていないから」ブルカを強制されているのだが、わからんのか?
しかも自分で「どんな格好してようが別によくない?」と言った舌の根も乾かぬうちに「自由を押し付けるな!」とか




記事のタイトルが悪い。「ブルカ」だけに限定していないのに



ブルカをただのファッションと一緒にするのはイスラム教徒に失礼なのだが?



タリバンイスラム国が我々のような異教徒の価値観を尊重してくださると思ってるの?



むしろヨーロッパ人には適用されるルールを異文化の移民にだけは特別扱いして適用しないほうが異文化を「下に見てる」のだが?
平等だと思うからこそ移民だろうが異文化だろうが同じルールを適用するのだが?



ほんとこれ


ヨーロッパの価値観を認めない偽善者リベサヨ&ネトウヨこそ排他的


それってあなたの感想ですよね?




リベサヨはこれを「多様性」と言うのかもしれないが、ブルカの文化圏に生まれた女性は一生ブルカしか着れない、チャドルの文化圏に生まれた女性は一生チャドルしか着れない。
先進国の自由な「ファッション」とは全く意味合いが違う。
「個」の多様性を認めてくれよリベサヨさん達はよ。



「スイスの伝統ガー」しか言えないのがしょせんはウヨの限界とも言えるし、
あるいは偽善者リベサヨに支配されてる欧米のメディアは保守派に偏見持っててそういう低レベルの話しかできないもんと決めつけて、この団体の本当の主張は報道してくれないのかもしれない。
「スイスの伝統」なんてもんを持ち出したら「こっちもイスラムの伝統だが?はい論破」で終わりだよ。
特定の国(や民族や宗教)の狭い伝統なんかどうでもいい。
人類の普遍的な自由と人権を前面に出すべきだったんだよ。



スイスにもウヨとサヨがいるのを理解できないようだな?
「欧米を見習え」とか言ってるリベサヨはこういう「欧米のウヨ」を見習えとは言ってないはずなんだが?



できないよ。
勉強してからモノ言えよ。
ブルカ着用が義務付けられてる文化圏では「ブルカを着ない自由」は認められない。



欧米礼賛リベサヨは基本的に「多様性ガー」とか言って「ブルカの自由」を支持するものなんだがなあ。
たまたま例外的に「ネトウヨにとって“こうあってほしい”サヨク像」に一致する例外を見つけて喜んでいるようだが、あくまで例外だから。

あっハイ



「因習からの女性解放」という名目だったらもっともっと世界中の偽善者リベサヨを混乱させて面白かったのに、主催者がウヨだからけっしてそれだけは言ってくれないんだよなあ。


まちがい。
ブルカだけ特別扱いして許可する方が相手を下に見ている。
平等だと思ってるなら国民全員に同じルールを適用するべき。
国民の一員だと思っているならな。
特別扱いは「優遇に見せかけた見下し」。


移民の自由があるんだからブルカ着たいならみんながブルカを着てる国に移民すればいいという当たり前のこと言ったらレイシスト呼ばわりされる風潮は異常。


そういうこと。
これを差別だ差別だ騒ぐ偽善者リベサヨは、じゃあアメリカ開拓時代に土地を奪われて白人に抵抗したネイティブアメリカンレイシストだの排外主義者だの言うのか?っていうね



またスイスにもウヨとサヨがいるのを理解できないネトウヨ
ロムえもん一派にとっては持論が覆されるから都合悪い存在だよなこのてのネトウヨって。
服装の自由が無いのはブルカを強制される文化圏の方なんだが、このネトウヨの論調ってそういう文化圏を必死で擁護する偽善者リベサヨと完全に一致してンだわ。

ネトウヨと偽善者リベサヨは「反欧米・反近代」のシングルイシューで大同団結。




これもな。
じゃあ女は全員一生ブルカだけを着ろと強制される文化圏において女性の服装の「多様性」は認めてもらえてるのか?っていうね




ブルカとブルマのしょーもないダジャレは他にも無数に見たが、しょーもないダジャレでありつつ無意識のうちに本質に近づいているのかもしれない。
どちらも男たちの勝手な都合で女性に強制されてきた服装である。



本当かぁ?
サングラス・帽子・マスクでデモするような旧世代の過激派サヨク(いまだに実在するのかも含めて)なら、むしろブルカとか必死で擁護すると思うんだが?




「自由な国」は「自由を否定する自由」だけは認めない事で自由たりえている。
女性の服装の自由を奪う「自由」を認めたら自由な国ではなくなってしまう。


「自分は強制されていない」というのが「強制されている人はいない」の証拠にはならない。


ブルカもニカブ(その他)もやってないイスラム教徒なら問題ないし、実際スイスのイスラム教徒はみんなそんなのやってないらしい。
でもなぜか怒ってる。


抑圧された女性の解放につながるかというと、つながる。
明確に「禁止」とせず「着るのも着ないのも自由」とすると必ず「私は自分の自由な意思で着る事を選んだ」と自由意思を奪われて言わされる女性が出てくる。
しかも、べつにこれは「抑圧された女性の解放のため」なんて言ってない。
「スイスの伝統ガー」しか言ってない。


日本のイスラム教徒は異教徒である日本人に「給食に豚肉出すな」と強いているのだが


また何でもかんでもキリスト教が悪い事にする「キリスト教陰謀論」か。
ならばなぜ昔からキリシタン弾圧してキリスト教徒が全人口の1%くらいしかいない日本も民主主義なのか?
そもそも「民主主義は悪い」という前提は何なのか?
仮に民主主義がキリスト教によって押し付けられたものだとしても「民主主義を押し付けてくれてありがとう」と言いたいわ。





ムスリムを迫害しているアサド政権の暴虐を「シリアの主権ガー」とか言って擁護しといて、よく言うよ