「ただ普通に息をさせてほしい。求めていることはそれだけなのだ」←真空パックにされたAV女優もそう思ってただろうな



ただ普通に息をさせてほしい。求めていることはそれだけなのだ。それなのに真空パックAVを
「演技だ」「表現の自由だ」「性の多様性だ」と、半世紀以上前と変わらない擁護が飛び交う。「普通に息をさせてほしい」という願いさえ押さえ込まれる現実がそこにあった




AV女優が自発的に真空パックにしてくれ、ってのはいいけどそういうのを強制してる頭のおかしなAVもあるらしいので手放しに称賛はしにくいなあ



「インターネットで様々な意見を目にできる」ではなく「偏った意見(真空パックAVは演技であり表現の自由である、など)を持ったもの同士を結び付けて偏った意見を増幅させる」になってしまってるんだな。
そしてリベサヨはそれがいちばんリベラルっぽいと思ってるのでやめない。



これもピントがズれてて、「フェミの価値観でAVを裁く」じゃなくて「女をボコボコにされて泣かせた」のをなんで肯定できんの?ってハナシですよ。女子供に暴力ふるうってマッチョの価値観でも悪でしょうに


人権を理解していれば、「ポルノはそもそも女性差別」という結論に達すると思うのだが
それにリベサヨは女性差別を無くすのが目的ではなく「女体の資源を思うままに利用したい」のが目的だったということを都合よく忘れている

つか、「殆どのAVは演技である」が事実であるなら殆どのAV女優はハリウッドスターより能力的に優秀って事になるのですが、リベサヨの皆様的にはそれは異論のない事実なんですか?