オタク全体が高齢化し「俺の嫁」から「俺の娘」に移行した結果、オタク業界からエロが駆逐され健全化しつつある

今オタク界で大ブームのウマ娘がこんなに大ヒットした理由は「結婚できなかった高齢キモヲタが娘を運動会で応援する気分を仮想体験できるから」とか言われてる。
昔のキモヲタは若かったから性欲全開で「○○たんは俺の嫁」とか言ってズリネタにしてたがオタク全体の高齢化が進んで「俺の嫁」から「俺の娘」に変わってきて、
自分の娘を肉便器扱いされて平気な親など(偽善者リベサヨやイカフェミを除けば)いるはずもなく、徐々にエロ同人とかを嫌うオタクが増えてきた。
まあ、赤の他人だったら平気でエロ消費して自分の娘にだけ神聖ニテ侵スヘカラスなのは貴族の家父長制じみてて反フェミニズム的かもしらんが、フェミとは違うルートからであっても反エロになってきたこと自体は良い変化だ。