某ティファイ ブラジルのエルザ…ナントカって人

https://open.spotify.com/album/5dNAXNc0nhx1xdlfhlY3Dw?si=4k_OZFowQ6GxZtJnv95iUw



昨日ピーターバラカンさんのラジオ聴いてて、全編ボブ・ディランの曲を他人がカバーしてるやつの特集で先週に続いて久しぶりに良かった。

ちなみに先週はストーンポニーズとかリンディスファーンとかエッグスオーバーイージーとかの、70年代前後のフォークロック/ルーツロック系の渋い選曲で、毎回こういうのでいいんだよと思った。

その中でバラカンさん、ボブ・ディランがもうすぐ80歳になるということで「80で現役とかはじめてなんじゃないのか」みたいに言ってたけど、英米圏ではどうだか知らんけど世界的にはそんなのザラなんじゃ?

とか思ったら、レコードコレクターズの今月号の後ろのほうのページにこのブラジルのエルザナントカいう人の再発が紹介されててしっかり「90歳で今も現役」とか書いてあってワロタ。

レコードコレクターズに載ってたのは60年代のアルバムだけど名前で某ティファイ検索してみたら大量に出て来て

72年のこのアルバムがジャケ写のセンスがイイカンジだったから聴いてみたらまあまあそこそこだった。

たぶんなんとなくこういうのってきっとブラジルにおける演歌みうなポジションでブラジル人がこれ聴いたらダセエエエエエエエエエエエエとかいう物凄い拒絶反応しそうな気がする。