宮坂哲文さんという素晴らしい人を新一万円札の顔にするべき


俺もはじめて知ったが宮坂哲文さんという人は素晴らしい。
この人がいなければ今頃日本はアメリカの侵略洗脳教育によって大阪なおみみたいなワガママ放題の人間ばかりになって崩壊していた。
ガキどもには厳しく我慢することを躾して徹底的なスパルタ教育で従わせなければならない。
これによって世界が羨む世界一民度の高い社会に日本はなったのだ。





五輪も自粛も「仕方がない」で受け入れる、ガマン大国・ニッポンの末路
https://diamond.jp/articles/-/272336


元記事からして、まるでコロナ自粛を受け入れるのが奴隷根性であるかのような、「コロナはただの風邪だから自粛なんかするな」とでも言わんばかりのタイトルなのだが、こんなのよくよむ気になれたもんだな

しかも「友達や家族と充実した時間を過ごす」が上位だなんて、むしろ良い事だと思うのだが、それが「個を頃す教育」によって「自分が好きな事をしたい」という気持ちを潰されたせいなんだとさ。
好きな事って必ず仕事じゃなきゃいけないの?
「友達や家族と充実した時間を過ごす」のこそが好きな事、やりたい事であってはならないの?
もちろん俺みたいな陰キャは「1人で過ごす」の方がいいけどさ。
「仕事でキャリアアップ!」みたいな新自由主義の意識高い系の人生だけが唯一の正義みたいな価値観を押し付ける方こそ「個を頃す」じゃねえのかよ?
なんなんだよこれ。いかにも偽善者リベサヨ。



東京オリンピックと言いたいのだろうが、結果として「仕事一筋より家族や友達と過ごす方がいい」という軍国主義とは逆の価値観になったんだからいいじゃねえかよ?