偽善者リベサヨをまた論破したった











これらの正論と比べると、リベサヨが礼賛する海外のセックスワーク云々が薄っぺらに見えてしゃーない



やす君さあ

やす君が礼賛する海外のデモの主張と正反対の上記の正論「も」、現/元当事者から「も」出て来てるんだわ。
偽善者リベサヨの言う「国内の女性アクティビスト」って、「貧困じゃなきゃセックスワークなんかやらんよ」という正論を「差別だ!」とか言って潰そうとするタイプの事だよな?


じゃあ論破しますね。



>例えば黒人への差別をいかになくすかという議論で、

これ、現代を想定するより、まだ奴隷制度があってアメリカの黒人がみんな白人様の奴隷だった時代を想定したほうがわかりやすいので、

例えば黒人奴隷制度をいかになくすかという議論で、

とさせてもらうわ。
そこで、


>白人の活動家が「黒人の活動家は政治的に偏っていて論理的ではないので、自分が論壇に立つべき」と主張したら、激しい非難が起こる
>こんな発言がまかり通るのは、「黒人は自らを語れるほど理性的な主体ではない」という偏見が強固だから


偽善者リベサヨのセックスワーカー云々の議論で「当事者」として発言する「アクティビスト」って黒人奴隷制度に例えればむしろ
奴隷制度をなくせ!黒人を奴隷の立場から解放しろ!」という主張が「黒人差別」だと言ってるのも同然なのだが?
もしも黒人が「俺らは奴隷の仕事に誇りを持ってるので、奴隷はかわいそうとか決めつけるほうが差別。奴隷じゃなくなったら白人の主人からメシ食わせてもらえなくなるからライフラインを失う」とか言い出したら
黒人自身がそう言ってんだからそれに反論して「奴隷制は無くせ」と言う方が「黒人は自らを語れるほど理性的な主体ではない」として「差別」してる事にされる。
しかし、何世代も前から奴隷として扱われ、ろくな教育もされず人間としての誇りを奪われ奴隷としての生き方しかできなくなくなってた、いわば白人社会から全員が洗脳されてた状態の黒人なら、
(いやこれはあくまで喩えであって黒人に限った話ではない。人間はみんなそうなる。毒親に育てられた個人も、カルト宗教や軍隊やパワハラ企業のメンバーも、そしてこの話の主題である「女性」もだ)
あくまで「自らの主体的な意思」で「ずっと奴隷のままでいいです」と言う可能性は高い。
よく知らんけど史実でもそういう理由で奴隷制度廃止に反対した黒人も実在したらしい。
だが今現在「俺らを奴隷に戻してくれ」なんて言う黒人は1人もいない。

セックスワーカーは、いや、フェミニズムを身に付けた一部の人を除く世の中のほとんどの女性は、「自らを語れる理性的な主体」ではない。
しかしそれは「女性が男性より劣っているから」ではない。
「女性が男性から主体性を奪われているから」だ。
男性から自らを語れる理性的な主体を奪われ、男性権力が喜ぶような事しか言えない洗脳奴隷女性に男性権力にとって都合のいい話を語らせるくらいなら、
まだ男性側であるがゆえに男性権力のカラクリをよくわかっててそれを批判している男性に真実を語らせたほうがずっといい。
もちろんベストなのは男性権力の洗脳を脱した女性が語るのがいちばんいいのは当たり前だが、そういう女性の方を「男に洗脳されてる!」とか言って邪魔するのが偽善者リベサヨなんだよな、知ってるよ。