杏「輝く明日はない」

https://youtu.be/z2PsZXs9jG8

これ前に何度も探したんだけど無かった曲、いつの間にか誰かがageてた。
いつまた消されるわからないから、あるうちに絶対聞いておけ。
70年代の幻の名曲。
ワシらの世代はこれを喫茶ロックというコンピで知ったのだがそれすら今ではたぶん入手困難。
70年代ならではのヤサグレたニヒルな世界観。
アメリカンニューシネマに影響を受けてできた曲なんだそうだ。
救いの全くない後ろ向きすぎる生きざまが陰キャの俺らにとっては逆に癒しになるのだよ。
こういうの俺だけじゃなかったんだ!って。
唐突に妹が出てくるのが何回聞いても素晴らしい。
当時この2人は反抗期真っ盛りで、周りの大人に反発してすぐ解散してしまったとか後に語っていた。
古今東西の音楽の歴史には、メジャーで売れてたのより明らかに才能あるのに全然売れなかったりレコード1枚くらいしか出さなかったりメジャーデビューすらしなかったりして消えていった人がウジャウジャいて
それがまた後年のマニアのロマンを刺激してくれるわけだが
その話聞いてなんとなくそうなる理由がわかるような気がした。
世界中のあらゆる時代のあらゆるジャンルに「杏」がいっぱいいたんだろうな。
ロックとかフォークってそもそもがそういうタイプの人間のための音楽だったわけだしな。







ちなみにデレステの杏がこちらである。

あんずのうた
https://youtu.be/gHApgLoXltg

素晴らしい。


















































ところで「昨日と同じ事」って具体的に何が起こりそうな気がするんだろうな?
若い女性が何から逃げようとしてるんだろうな?
残された妹はどうなるんだろうな?
なんかそっち方面の知識が増えてから久しぶりに聞くと前に聞いた時より深い闇を感じるようになってきた。