俺はマジのガチで発達障害かもしれない

発達障害とかその他もろもろが、子供の頃にはわからなくて大人になってから発覚する場合もあるらしいからな。
いつも言うけど竹熊健太郎さんがそうだったらしい。
しかし竹熊さんはわかった時点で既にサルマンとかいろいろヒット出して社会的に成功してたもんな。
いちばん内容濃くて好きだったのはクイックジャパンのインタビューのシリーズな。
あれのどれかの記事のどこか一部分だけでも誰かがSNSで紹介したら物凄い勢いでバズると思うぞ。
あとファミ通のアレ(仮)にもいろいろ影響受けた。このタイトルからして俺に多大な影響与えてる。
竹熊さんは、親米派の俺からすればすぐ「アメリカはジャイアンだー!」とか言うのだけは許しがたいが
(あとよく知らんけど、ドラえもんガチ勢からしても、ジャイアンの実は涙もろくて人情派な部分を無視してる点が批判されそう)
それ以外はだいたい正論しか言わないし尊敬する人物なンだわ。
な?
こんなふうに、最初と最後で全然話が違うんだよ。
「俺は発達障害かもしれない」という話をしたかったのに途中から全然違う話になってる。
こういうの毎回毎回これだから絶対これは自分でも何かおかしいと自覚してるわけなんだよ。