4℃叩きおばさんと反出生カルトの分布図みたいの作ったらけっこう面白い結果になりそう

4℃叩きおばさんの実態を暴いたのは、小山さんの最高の快挙だな。
これは素直に絶賛したい。
単に4℃を叩いてるのがどんな層なのかを分析しただけにとどまらず、現在ツイッターが世の中でどんな位置にあるのかをかつてないくらいはっきり見える化した。
未来の社会学者がツイッターの歴史みたいな本を書くなら、このへんがツイッター史におけるターニングポイントだったと記すだろうな。

ところでファッショソとかアクセサリーとかひとっつもわからん俺からすればこのブランドがダセエのかイケてるのか判断つかねンだけど
叩いてる層の正体が暴かれて快感だったのは、俺がこの前批判した反出生カルトとなんか似てるのがわかったからでもある。

そのへん考えると、そこはやっぱりまだ、小山さんとその記事で喜んでる界隈は、今ひとつ認識が甘いな。
たぶん彼らは、いつもツイッターで威張りくさってるツイフェミが実は陰キャの負け犬だった事がわかって、勝ったつもりになって嬉しくてたまんねーのだろうけど、
まぁ俺も最初は一緒になって浮かれてたけど、ツイッターの真の闇はそこから先なんだよ。
ツイッターのヤバい所は、陰キャの負け犬のほうが「強い」という所だぞ。
「しょせんは陰キャの負け犬の中年しかいないツイッターの中のさらなるタコツボにすぎない」と笑ってられるうちはそれでいいかもしれんが
俺は「負け犬のほうが声がでかくて強い」というツイッターの風潮がそのままネットの外の一般社会にも適用されつつあるの日々肌で感じてるから、笑ってられるのは今のうちだけだと思う。
今の俺らのニヤケ顔がそのまま恐怖でひきつるわけだよ。
「負け犬陰キャのほうが強く、社会に影響を与える」というヤバさは、俺と反出生カルトの戦いの記録を参照せよ。
マジだから。