おフランスにて日本のfuryo漫画が大人気のレポート自体は面白い

https://bunshun.jp/articles/-/50256

最初に出てくるコスプレ画像よく見ると旗の真ん中を黒く塗り潰した痕跡あるな。
卍がマズかったんだろうなあ。




東京卍リベンジャーズはタイムリープものなのが引っかかってなあ。
マイキーがタヒぬまでは読んでたけどそのあとはいろんな意味で読むのが怖くて読んでない。

不良ものならクローズ/ワーストとそこから派生したいろんなやつも好きなんだけど、スマホ(ケータイすら)とか無かった平成初期に連載始まって、
スピンオフがその前日譚とかなのにいろいろ「現代」だったりするのが気持ち悪くてさ、卍リベンジャーズよりよっぽど時間の感覚おかしくなるわ。
不良ものでいちばん好きな特攻の拓も海外で流行ってほしいけど、あれは反米要素もあるから偽善者リベサヨが喜びそうでムカつくし、あれも時代を感じる要素ありすぎるしなあ。
今の若い奴らに相原勇とか言ったって誰だかわからんだろ。







この記事自体は面白いけどこれ書いてるファリードやすは








ご覧のとおり、欧米型植民地帝国主義系の偽善者リベサヨのいろんな要素の特盛り全部乗せみたいな典型的なタイプだからな。
社会にとって極めて危険な思想であり、俺個人としても最も許せない思想だ。
だからこそいつも注視しているわけだが。



ただし、ごくたまにこういう大正論を言う時もあるから侮れない



本人も「めっちゃ批判されてる」と言うとおり、上に並べた典型的な欧米白人植民地帝国主義系の偽善者リベサヨの連中からはボロッカスに叩かれそうな正論も言ってるでしょ。

俺は最初ファリードはあまりにも典型的すぎて何らかのエージェントなんじゃないかと疑って監視を続けていたのだが、ならばそっち方面の総意に逆らうこんな発言をする必然性が無い。
あるいは俺みたいな監視者の存在に気づいて目眩ましするためにこんな撹乱する発言してるとかそんなわけないか。

こういうふうに1人の人間にいろんな面があるのだから、ちょっと意見が違うだけですぐブロックする奴らはアホだと思うんだよな。
それでは世の中の複雑な実態に一生気づけない。